4月16日(日)ミハスを経てセビーリャへ

ミハスの街

この日はグラナダからセビリアへ。南に地中海を望みながらの移動です。
このあたりの海岸を「コスタデルソル」と言って、バカンスで賑わうあたりです。
ミハスの街は白壁に赤茶のかわら屋根の美しい街です。暑さを凌ぐために、狭い路地、白壁になっているのだそうです。



可愛いお店が並んで、女性だったら誰でも大好きになっちゃう街でした。



これは、オレンジを絞って飲ませてくれるコーナー。カフェの横にありました。

ミハスのまちはこんなです。

小さな街ですが、闘牛場もあります。今回の旅で闘牛見学はなく、ほっとしまし。


小高い丘の上にあるので、街外れの展望所からは、ジブラルタル海峡とアフリカ大陸を望めます。写真に小さく写っている二つの山は、アフリカの山です。

遠くに見えた建物。お城か街でしょうか。ともかく、古いものは古いものだけで、綺麗に残して暮らしています。徹底していて見事です。どの街も古い住居を壊す事は勝手には出来ず、外観をここして、中を近代的に変えているようでした。


                   

次へ


★4月13日(木)
 行程・出発
★4月14日(金
 サグラダファミリア
 ガウディの建築物
 バレンシア
★4月15日(土)
 グラナダへ
 アルファンブラ宮殿
 ヘネラリフェ
 グラナダのお祭
★4月16日(日)
  ミハス
 セビーリャ
 アルカサール
 サンタクルス
★4月17日(月)
 コルドバへ
 メスキータ
 ユダヤ人街
 コンスエグラ
★4月18日(火)
 プラダ美術館
 スペイン広場
 トレド
 マドリッド散歩
★4月19日(水)
 スリに遭った!
 さよならスペイン
★番外編
 食べ物
 街(建物)
 花
 パエリアを作った