2007年3月3日

コンヤ

コンヤは古い歴史を持つ、アナトリア半島の代表的な町。イスラム神秘主義の「メヴレヴィー教団の発祥の地」として名高いのだそうです。なんでも踊る宗教みたいに、音楽とともに、酔ったように踊るらしいの。

メブラーナ博物館

ここには、海外の観光客というより、トルコの人たちが大勢観光に来ていました。

       

霊廟が博物館として残されたそうで、教祖や高弟たちの遺品などがたくさんありました。

       

メヴレヴィー教団の創始者の命日には旋舞「セマー」という踊りを踊るそうです。見ることはできませんでした。こんな白い服を着て、くるくるまわるらしい。

       

子供達や女性を見かけたので、嬉しくってカメラを向けました。

       

次へ
★2月25日(日)
 行程・出発
★2月26日(土)
 リステンパシャモスク
 ボスボラス海峡の
   クルージング

 トプカプ宮殿
★2月27日(月)
 ギザの3大プラミッド
 クフ王のピラミット
★2月28日(火)
 メンフィス・サッカラ
 階段ピラミット
 カイロ点描
★3月1日(水)
 エジプトからトルコへ
★3月2日(木)
 カッパドギア
 カイマルク地下都市
 野外博物館へ
 カッパドギア色々
★3月3日(金)
 キャラバンサライ
 コンヤ
★3月4日(土)
 パムッカレ
★3月5日(日)
 エフェスの遺跡
 海を目指して
★3月6日(土)
 アクロポリスの遺跡
 トロイの遺跡
★3月7日(日)
 再びイスタンブール
 スレイマニエモスク
 ベリーダンス
★3月8日(月)
 フリータイム
 アヤソフィア博物館
 さようならトルコ