2007年3月2日

カッパドギア

カッパドキアの大奇岩地帯は、火山灰とと溶岩が厚く積み重なったところを風雨が浸食し、なんとも奇妙な形の岩をつくり出しているそうです。広大な大地の一帯がずっと続いているので、びっくり。

四角い穴は人が住んでいた頃の名残や、現在はハトの棲家が多いそうです。糞を肥料にするらしい。
       

さらに、その奇岩地帯にローマ帝国に追われたギリシャ正教徒が隠れ住んだとか、オスマンから逃れたキリスト教徒が住んでいて、教会があったなど、人の住まいの跡がたくさんあるのです。

らくだ岩とか三姉妹など愛称がついていました。

       

次へ
★2月25日(日)
 行程・出発
★2月26日(土)
 リステンパシャモスク
 ボスボラス海峡の
   クルージング

 トプカプ宮殿
★2月27日(月)
 ギザの3大プラミッド
 クフ王のピラミット
★2月28日(火)
 メンフィス・サッカラ
 階段ピラミット
 カイロ点描
★3月1日(水)
 エジプトからトルコへ
★3月2日(木)
 カッパドギア
 カイマルク地下都市
 野外博物館へ
 カッパドギア色々
★3月3日(金)
 キャラバンサライ
 コンヤ
★3月4日(土)
 パムッカレ
★3月5日(日)
 エフェスの遺跡
 海を目指して
★3月6日(土)
 アクロポリスの遺跡
 トロイの遺跡
★3月7日(日)
 再びイスタンブール
 スレイマニエモスク
 ベリーダンス
★3月8日(月)
 フリータイム
 アヤソフィア博物館
 さようならトルコ