★神奈川宿を紹介しよう(2002/6/28)


私の暮らす街は神奈川県横浜市神奈川区という。

県の中でも、もともと神奈川の宿場のあった場所なのだ。


歴史の道として区が大事に整備し保存している。

少しまとめて紹介したいと思う。


6月9日に我が町内では州崎大神のお祭りが行われた。

写真は京急神奈川駅へ向かう宮前商店街の賑わい。この道は旧の東海道である。
昔神社前は海で船着場があったのだそうだ。

みこしを海にかつぎいれる

「お浜下り」という神事があったという。
現在はその船着場あとで祝詞をあげるらしい。

第一京浜とビルにはさまれた所に船着場の石碑があって、しめやかにとり行われていた。

この立派なみこしの後からは、大人の担ぐみこし、

子供達の担ぐみこしも繰り出して、一日にぎやかに練り歩いていた。


味気ない都会と思っていたが、さすがもと宿場町というわけだ。


子供みこしを手伝うお父さん(?)達は苦労していた。

「おい、ぶら下がっちゃだめだ」と幾度も念を押していたから。

あのかかとに車のついている靴の子供達が嬉しそうにつかまっているのだ。

「神奈川宿を歩く」はこちらへ