★城ヶ島へ(2002/4/14)


北原白秋の唄で名高い城ヶ島へ行って見た。

横浜から京急で三崎口へ、バスで白秋碑前下車。

島といっても橋がかかっていて、

その橋のたもとに白秋の詩碑が建っていた。

白秋といえば、九州柳川の生家に何度か行ったが、

ここ三崎にも住んでいたとのこと。

雨はふるふる 城ヶ島の磯に
利休ねずみの 雨がふる
雨は真珠か 夜明けの霧か
それとも私の 忍び泣き

舟はゆくゆく通り矢のはなを
濡れて帆あげた 主の舟
舟は魯でやる 魯は唄でやる
唄は船頭さんの心意気

雨はふるふる 日はうすぐもる
舟はゆくゆく 帆がかすむ

雨に歩いてみたいと思いつつ、荒磯沿いに島のぐるりを歩く。

なかなかの難所もあって、雨にはとても歩けそうもないとわかった。

こんな道を歩いていく
島のあちこちに

大根の花が花盛りだった。

クサフジの紫もあって、

紫色の花の洪水




一番のみどころが、この馬の背洞門。

2時間半程度かけて島の外周ほぼ7割を歩いた。

海の見える道っていいもんだ。