★熊本、ジェーンズ邸へリベンジ(2001/10/26)


9月に行きそびれたジェーンズ邸を再度訪問する。

時間が遅くてみれなかったのだ。

水前寺公園正面入り口の反対側にある。

右が水前寺公園。

こんな細い路地の先に夏目漱石の第3の住居と
ジェーンズ邸が並んでおかれている。

わくわくするアプローチ。

両方とも移築されたものだ。

明治4年熊本洋学校の教師ジェーンズのために建設された家。

学校からは徳富蘇峰なとたくさんの人材が輩出した。

西南戦争の折には敵味方の別なく手当てする博愛社が置かれ、日本赤十字社の前身となった。

夏目漱石は熊本で6回引っ越していて、その3つ目の住居である。

ここから江津湖に向かうと県の図書館・近代文学館がある。

夏目漱石、徳富蘇峰、、蘆花、横井小楠、小泉八雲、中村汀女などの年賦や著書などを詳しく見ることができた。

入場無料だった。



江津湖は水が澄み広々としている。

人々が水に親しんでいる様子がたのしい。

近代文学館で江津湖を愛したという中村汀女の話を読んだばかりで、

その様子がしのばれた。



ザリガニとりをしている少女たち


9月には見かけなかった鴨。
遠くに鷺も見かけた。



動植物園へ足を伸ばしたかったが、

日が暮れてきて止めにした。

秋の日はつるべ落としだ。