★東京ガーデニングショーを見てきた

ホームへ

4月14日 4月25日 5月20日
東京ガーデニングショー お花を増やしたけど・・ 20日間の留守の間に
4月14日

明治神宮外苑で開かれている東京ガーデニングショーを見に行った。
なんとテニスコートを全部つぶして(消して?)
小さな山、家、池まで作ってある。
木々に珍しい花はもちろん、
犬のふぐりや踊子草、ぺんぺん草まで植えてある。

私の大好きな紫系の小花達が豊富で、わくわくしてしまった。
参考にしたいことも一杯。
小さな我が家の庭ではとても真似しきれないけど。





一番素敵だったのが、
音楽家の庭という題のついたお庭。
林のように木が植えられていて、
龍のひげが一面を覆っている。
そのなかを楕円形に
クリサンセマムムルチコーレと勿忘草
十二一重と勿忘草が混植してある。
黄色の水仙が緑のなかから
所々顔を出している。







他にも素敵がいっぱいで、
真似したい事だらけ。
すぐにお花屋さんに飛んで行きたくなったのです。
明日晴れたら行ってきまーす。


4月28日

お花を少し増やしました。
アスチルベ、シラン、かすみ草、タピアン、バコバ、
ここには無いけど、水道栓のほうにスイトピーとドイツスズラン。
  
ちょっと落ち着いてきたかしら。

敷き詰めたレンガの間からスギナが顔をのぞかせています。
ちょっとでも光が見えると芽を出すのでしょう。
そして、その作られた隙間からアリが巣造りを始めたみたい。

小さなスペースでも驚きがいっぱい!

5月20日

20日間ほど留守をしていて、やっと戻りました。
どうなっていたと思います??
ルピナス、エノテラ、オキザリスなどが開いていました。



そして!
レンガの隙間のスギナがびっくりするほど大きく成長、
アリの巣も大きくなったのでしょう、
土の山ができていました。
少し残った芝生からはどくだみが次々芽を出すし、
がっかりです。
まだまだ手間がかかりそう・・・





きれいに雑草を取った頃、両親が見に来てくれました。


もうビオラやノースボールは終わりのようです。
ピンクのタピアンがきれい。
      


戻る    トップへ     次へ